2006年10月10日

ワンコの命・・

この前 広島ドッグパークについて載せましたが
その後 皆さんの活動等のおかげで、TVでも取り上げられ
多くの人に知られるようになってきていますねわーい(嬉しい顔)

アークエンジェルズの方を始めボランティア活動をしておられる方々
ワンコ達のお世話は肉体的にはもちろん 精神的にもとても大変で、負担の大きい事だと思います。
本当に頭が下がりますあせあせ(飛び散る汗)
今回の事件を多くの人が知り、大きな問題だと認識され
現在の動物虐待の状況が改善されることを願います。

我が家のMariaも元はペットショップで商品として売られていたワンコ犬
生後1ヶ月頃、親元から離され、買い手(ママたち)が現れれるまでの1ヵ月半程度
檻の中で生活していたと思われます。
その頃 ママたちはワンコの知識に乏しく、
ある時(子犬を探してる時)Mariaと運命のぴかぴか(新しい)(?)出会いをしました

Mariaが我が家にやってきてからすぐ、おなかの調子を悪くしてお医者さんに行った時
ママとと〜さんは初めてワンコの扱いが『物』だということを知りました。
生きてるんですよexclamation 命があるんですよexclamation×2 『物』だなんて思いませんよねexclamation&question
DVC00004.JPG
  ↑仲良く(?)写る甥とMaria・・
    なのにMariaは『物』なんだ・・バッド(下向き矢印)

ママは 「Mariaはウチに来るべくして来た子」だと思っているので
「あの時あのペットショップにいなければ出会えなかった」と思いますが
親犬共々手をかけてもらえる環境で、新しい家庭に行くまで親兄弟犬と共に過ごせた子ではないので
不憫に思いますもうやだ〜(悲しい顔)

でも・・いくら不憫でも甘やかしすぎたかたらーっ(汗)
Mariaさん 写真にも性格悪いの出てるぞexclamation×2

ニックネーム marion at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Mariaのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1035421

この記事へのトラックバック